シェアする

【マカオGP】17歳の女性ドライバーが壮絶クラッシュ、背骨折る重傷

シェアする

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

17歳の女性ドライバーがマカオGPで壮絶クラッシュ、背骨折る重傷

F3マカオグランプリで大クラッシュを起こしたレーシングドライバーのソフィア・フローシュ。

18日に行われたF3マカオGP決勝で、17歳の女性ドライバーが、マシンが高速で宙を舞う壮絶なクラッシュを起こした。ドライバーは背骨を折る重傷を負ったが、意識はあり、命に別状はないという。

事故を起こしたのはファン・アメルスフォールト・レーシングのソフィア・フローシュで、16番手で走っていたフローシュは、ギア・サーキットの「リスボア」と呼ばれる右への急カーブ手前の直線で他車と接触。マシンのコントロールを失い、縁石に乗り上げながらトムスの坪井翔のマシンに当たって高く跳ね、マーシャルとカメラマンがいる場所のバリアーに突っ込んだ。事故の衝撃的な映像には、観客が息をのむ様子もとらえられていた。

この事故で、フローシュの他に坪井とカメラマン2人、マーシャル1人が病院へ搬送された。フローシュは脊椎骨折で救急救命室へ運び込まれたが、生命兆候(バイタルサイン)は安定しているという。フローシュ本人がその後ツイッターで「取り急ぎお伝えします。私は大丈夫ですが、明日の朝に手術を受ける予定です。皆さんからの励ましのメッセージの数々に感謝します。またすぐに更新します」とファンに無事を報告した。

複数のメディアが引用した大会組織委員会の声明には「搬送の時点で全員に意識があり、現在は治療を受けているところです。新しい情報が入りましたら、可能な限り早くお知らせします」と書かれている。巻き込まれたマーシャルは顎の骨を折り、他に1人が肝臓を損傷して腹部の痛みを訴えているという。

欧州F3選手権王者で、元フォーミュラワン(F1世界選手権)ドライバーのミハエル・シューマッハ氏の息子ミックも、「全員の無事と回復を願っている」とコメントした。

マカオGPの会場である有名なギア・サーキットでは、過去に少なくとも3人が亡くなっている。2017年のモーターサイクル部門では、英国のダニエル・ヘガティが「フィッシャーマンズ・ベンド」のコーナーでバリアーに衝突し、命を落としたほか、2012年には同じくバイクの選手が2日間で2人死亡した。

レースはレッドブル・ジュニアチームの19歳、ダニエル・ティクトゥムが制した。マカオGPは過去にミハエル・シューマッハ氏やアイルトン・セナ氏といったF1の名ドライバーも優勝している由緒ある大会。

ボイスノート







Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer