シェアする

ノルウェー海軍のフリゲート艦が水没。

シェアする

タンカーと衝突したノルウェー軍艦、徐々に水没

ノルウェー西部ベルゲン沖で石油タンカーと衝突した同国海軍のフリゲート艦ヘルゲ・イングスタッド。

  ノルウェー西部ベルゲン沖で先週、マルタ船籍の石油タンカーと衝突したノルウェー海軍のフリゲート艦が13日、ほぼ完全に水没した。沈没回避用のケーブルが切れてしまったことが原因だという。

フリゲート艦ヘルゲ・イングスタッドは8日、北大西洋条約機構主導の軍事演習トライデント・ジャンクチャーからの帰還中に事故を起こし、同艦の乗組員137人のうち8人が負傷した。タンカーとの衝突原因は依然明らかになっていない。

沈没回避のため意図的に座礁させたという同艦は当初、一部が海水に漬かった状態だった。しかし12日夜から13日にかけて、艦をつなぎ留めていたケーブルが切れ、徐々に沈んでいったという。

ノルウェー海軍は、同艦の引き揚げ方法を検討している。一方沿岸管理当局は、事故で流出した約13立方メートルの燃料油は回収したと発表した。







Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer