シェアする

『平成は残り半年』来年のカレンダー制作はどうなる?『暦の表記』の表記に頭を悩ませられている。

シェアする

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

新元号へ残り半年、頭を悩ませるカレンダー業界

「平成」時代は31日、残り半年となった。来年5月1日からの新元号に向けて、カレンダー業界は暦の表記に頭を悩ませ、旅行業界は10連休の予約が好調など、改元をめぐる動きが慌ただしくなってきている。

■大正や昭和併記

新元号の公表は改元の1か月前になる見通しの中、来年のカレンダーは西暦表記となっているものが多い。こうした中、約1200種類のカレンダーを取り扱っている渋谷ロフト(東京都渋谷区)では「『平成』が書いてあるカレンダーはないか」という問い合わせが多く寄せられている。

広報担当の女性(43)は「『ありがとう平成』の意味を込めて、平成の商品の売り上げが伸びている。忘年会シーズンから来年4月まで平成グッズを多く展開したい」と意気込む。







Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer