シェアする

『世界初・カナダ医師会』科学的に証明された芸術の健康効果により治療に美術館訪問

シェアする

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

治療として患者に美術館訪問を「処方」

カナダ・ケベック州にあるモントリオール美術館で作品を鑑賞する来館者

カナダの医師会が、患者の健康回復を促進する治療の一環として、美術館への訪問を「処方」することになった。世界初の試みだという。

 1年間の試験プロジェクトに参加した医師は、治療中の患者に最大50回までモントリオール美術館の無料入館券を処方できる。処方箋1枚で、大人2人と子ども2人までの入館が無料になる。

MFdCのニコル・パロン会長は25日、AFPの取材に対し、既に医師100人がプロジェクトへの参加を表明したと明かした。その上で、科学的に証明された芸術の健康効果に言及し、この参加人数は「患者が希望するなら代替療法にも対応する気配りと寛容さ」が医師らにあるという証しだと述べた。

芸術が健康に及ぼす好影響は、患者が体を動かすと得られる効果と似ているとされる。「快楽ホルモン」と呼ばれるドーパミンの分泌量も体を動かしたときと同程度で、慢性的な痛みやうつ症状、ストレスや不安などの緩和につながる。

パロン会長は、カナダ国内の他の美術館でもこうしたプログラムが導入されることを期待していると語った。モントリオール美術館では2016年から、さまざまな病気の患者を対象にしたアートセラピーの専門家養成を行っている。









Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer