シェアする

コンピューターアルゴリズム制作の肖像画が43万2500ドル(約4900万円)で落札

シェアする

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

大手オークションで初の落札 予想額の40倍超

米ニューヨークのクリスティーズで、仏芸術家集団「オブビアス」がコンピューターアルゴリズムを使って制作した肖像画を見る女性

  米競売大手クリスティーズのオークションで25日、コンピューターの

アルゴリズムによって制作された肖像画が43万2500ドル(約4900万円)で落札された。同社によると、人工知能による芸術作品が大手のオークションで落札されたのは今回が初めて。AI作品が一つの壁を突破した。

落札されたのは、黒い服を着た紳士の肖像画「エドモン・ド・ベラミー」。金の額縁に収められ、一見しただけでは、18世紀か19世紀のありふれた肖像画のようだ。

 だが近くで見ると、この絵はもっと興味深い。紳士の顔はぼやけていて、まだ制作途中のように見える。さらに、絵の右下には、画家の署名の代わりに数式が記されている。

この肖像画は、人工知能を使って芸術を民主化することを目指すフランスの芸術家集団「オブビアス」による作品。芸術家のピエール・フォートレルさんは制作にあたり、古典的な肖像画1万5000点をコンピューターのソフトウエアで処理した。

フォートレルさんによると、「肖像画法の規則性を理解」したソフトウエアは、人の手を借りずに次々と新たな画像を生成したという。規則性の学習には、米グーグルの研究者イアン・グッドフェロー氏が開発した新たなアルゴリズムが使われた。

「オブビアス」は一連の画像のうち11点を「ベラミー一族」と名付け、うち1点が、伝統的な芸術市場の中心地、ニューヨークのクリスティーズで行われた競売で落札された。

落札額は予想の7000~1万ドル(約79万~112万円)を突破し、43万2500ドルに到達。クリスティーズによると、電話、インターネット、場内から入札に参加した計5者による争いの末、電話で匿名の入札者が落札した。









Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer