シェアする

アメリカで11歳と12歳の少女が逮捕。『悲しき計画』

シェアする

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

同級生を切断して血を飲む計画、女子中学生2人を逮捕

米フロリダ州バートウの警察は24日、地元の女子中学生2人が同級生をナイフで切り刻み、その血を飲む計画を立てていたと明らかにした。トイレで待ち構え、体格の小さな生徒15人を組み伏せる準備をしていたという。

容疑者の生徒2人は23日に逮捕され、殺害を企てたり学校の敷地内で武器を所持したりした疑いで訴追された。

当局者によれば、逮捕された11歳と12歳の少女は悪魔崇拝者を自称。殺害した生徒の血を飲み、場合によっては人肉食にも及ぶつもりだったと供述している。自殺する計画も立てていたという。

計画が阻止されたのは23日。片方の少女の親のもとに学校から自動音声で欠席の報告があった。母親が学校に連絡し、教頭がトイレにいる2人を発見した。

2人を校長室に連れて行ったところ、ナイフやピザカッターを所持しているのが発覚。トイレにはグラスも用意されていた。

捜査員による家宅捜索では、「トイレに殺しにいく」などと記入された手書きの地図が見つかった。殺害計画に絡み悪魔に感謝をささげる文言も発見されたという。

生徒の1人が事前に教師に対し、犯行に関するうわさを告げていたことから、校内に配置される警官はあらかじめ増員されていた。

地元ポーク郡の公立校責任者は、不審な行動があるとの報告に学校職員が素早く対応したと説明。今週中にカウンセラーや追加の警官を派遣するとしている。









Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer