シェアする

『得・得だらけの節約法』得するポイントに気が付こう!

シェアする

効果は半永久⁉「固定費」はまだまだ減らせる

「ラクして得する節約術」。今回は家計費の中でも占める割合が多い固定費について取り上げます。一度減らすと効果が高い固定費、「面倒だから……」と取り組まないのは損です。また、すでに取り組んでいる方もさらに減らせるポイントに気付くかもしれません。

好きなことにはお金を使っていい

みなさんは、毎月どんなことに一番お金を使っていますか? 一人暮らしだと、住居費がもっともかかると思いますが、残りのお金はなんのために使っているのでしょうか。

お金を貯めるコツは「節約」だけではありません。ストレスなく節約するために、メリハリのある出費を心がけることも重要です。好きなところにお金を使い、その分、その他の部分をしっかり節約する、という考えの方が節約は成功しやすいのです。

「ただなんとなく月末になるとお金がない」という使い方は、今すぐやめましょう。

出費全体でバランスをとる

たとえばファッションが好きな人なら、被服費にお金をかける代わりに、自炊をまめにして食費を抑えればいいですね。逆に、食べることが好きな人はある程度食費にお金をかけた方がストレスなく生活ができます。

お金を一番使うところを決めて他のところはしっかり節約をする、というように、出費全体でバランスを取ると上手くいきます。毎日節約を意識しながら、好きなものも買わずに生きていくのは、いくら貯蓄のためとはいっても苦しいですよね。我慢の反動でつい散財……となってしまっては本末転倒です。

ストレスを溜めることなく貯蓄を続けるために、ぜひメリハリ出費を実践してみてください。

節約効果が高いのは固定費!

それでは具体的にどこを節約するのが良いか考えていきましょう。せっかくなら、なるべく効率よく節約し、貯蓄に回していきたいですね。効果的な節約のコツは次の3つです。

①金額の大きいものから節約する
②我慢がいらないものから節約する
③効果が続くものから節約する

これら3つを全て満たすものが「固定費」です。「固定費」とは家賃や保険料、水道光熱費や通信費など、毎月一定額ずつ支出するお金のこと。反対に「変動費」とは食費や被服費、交通費など毎月支出額が変わるお金のことを言います。

変動費を減らすには毎日コツコツと節約しなければいけません。でも、固定費は一度減らしてしまえば、その後ずっと節約の効果が続きます。節約するなら、最初に固定費を見直しましょう。

参考までにファミリー世帯の理想の家計バランスは、月々の家賃が手取りの収入の25%~30%、通信・水道光熱費は7%~10%、保険料は5%~7%と言われています。

ドカンと減らせれば効果は絶大

固定費を減らすときは、たくさんお金を払っているものから見直していきましょう。家賃を10万円から8万円にできれば、毎年24万円の節約になります。

次に保険料はどうでしょうか。言われるままに入っていませんか。

電気のアンペアも、40Aから30Aに下げるだけで基本料金が毎月約280円下がります(東京電力の場合)。インターネットやスマートフォンの料金プランも、年に1度は見直したいですね。特にスマートフォンは格安SIMへの乗り換えも含めて検討するといいでしょう。

大きな固定費を見直したら次は小さな固定費を見直してみましょう。もう使っていないのに毎月使用料を払っているアプリや、年会費を払っているカードなどはありませんか? カードの枚数はなるべく少なくまとめた方がポイントも入ってお得ですよ。一つひとつは小さな金額かもしれませんが、塵も積もれば、大きな節約につながっていきます。

ラクして得する節約のカギは毎月の固定費。改めて見直すとまだまだ減らせる部分が見つかるかもしれませんよ。









Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer