シェアする

2020年開発予定『空中タクシー』シンガポールで2019年よりテスト飛行開始。

シェアする

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ドイツの『Volocopter』が2019年にシンガポールで空中タクシーのテスト飛行開始

2019年、シンガポールに初の空中タクシーがお目見えすることとなる。Volocopterが都心部における空中タクシーのテスト飛行を同国で開始する事が決定した。

ドイツに本拠を置くVolocopterは、このテストを2019年後半に実施し、同社のeVTOL(電動垂直離着陸機)がシンガポールにどれほどの適合性を有するかを評価する予定をしている。

ドローンに似た同社のeVTOLは、2人の乗客を乗せて30km弱の距離を飛行できるうえ、市街地の雑音を上回るほどの騒音を出すことはないとVolocopterは述べている。

「われわれは、都市部において初の固定ルートの運航を開始する準備を進めている」と、Volocopterの最高経営責任者(CEO)を務めるFlorian Reuter氏は声明の中で述べている。「シンガポールはテクノロジと都市開発の分野で真のパイオニアであり、理にかなったパートナーだ」(Reuter氏)

Volocopterは、2017年秋にドバイで無人飛行テストを実施したほか、ドイツ各地でテストを行ってきた。

しかし、都市部の空の覇権を狙う企業はVolocopterだけではない。Uber Technologiesは、eVTOLを利用した独自の交通網「Uber Air」を2023年に試験展開する計画だ。またAirbusも、2020年までに自律飛行の電動空中タクシーを開発すると述べている。







Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer