シェアする

1791年から200年非公開だったマリー・アントワネットの宝飾品が公開された!

シェアする

王妃マリー・アントワネットが所有していた品々10点競売へ

競売大手のサザビーズは11月、フランス革命中に処刑された王妃マリー・アントワネットの秘蔵ネックレスなどをスイスのジュネーブで競売に掛られることになり、王妃マリー・アントワネットが所有していた品々10点が、イギリス・ロンドンで公開された。

これらの宝飾品は、フランス革命中の1791年にひそかにパリから持ち出され、縁戚関係にあるイタリアのブルボン=パルマ家が所有してきたもので200年間、非公開だった。

サザビーズは「一度も公開されたことがないこのコレクションは、数世紀にわたる一族の変遷を垣間見させてくれる」とコメントした。

今回の目玉は、ダイヤモンドをあしらった天然真珠のペンダント。評価額は100〜200万ドル(1憶1300万円〜2億2500万円)とされる。パールの予想価格が高いのは、天然パールが希少となっているためで、一般的にパールといわれるものは養殖されたものだという。

このほか、落札価格が20〜30万ドル(約2300〜3400万円)と予想されるダイヤと天然真珠の3連ネックレスや、天然真珠とダイヤのイヤリング、マリー・アントワネットの髪の毛を封入したダイヤの指輪、リボン型のダイヤのブローチなどが出品されるという。











Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer