シェアする

大手製品会社に罰金13億2000万ドル!不正製造の発覚

シェアする

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

中国の製造会社『狂犬病ワクチン』を 不正製造で罰金1480億円

中国の製薬会社が大量のワクチンを不正に製造していた。中国政府は17日までに、この企業に13億2000万ドル(約1480億円)の新たな罰金を科した。

国営メディアによると、不正が発覚した長春長生生物科技は人間用の狂犬病ワクチン少なくとも10万回分を不正に製造したとして、罰金を言い渡された。

同社は、製造時期の違うワクチンを混ぜ合わせたり、製造日を偽ったり、期限切れの成分を使ったりしていたと伝えた。不正によってワクチンは効果を失ったものの、人体に危険を及ぼした可能性はないとしている。

同社のワクチンをめぐっては、昨年11月に子ども用のジフテリア、百日ぜき、破傷風の3種混合約25万回分の製造過程で不正があったことが発覚。今年8月には別の時期の製品にも不正が見つかり、問題のワクチンは合わせて少なくとも50万回分に達している。

また、同社は7月にも約50万ドル(約5600万円)の罰金を科されているが、今後さらに罰金が追加されるかどうかは明らかでない。

中国では7月から8月にかけ、不正を知った親や活動家らが異例の抗議デモを展開。習近平(シーチンピン)国家主席は迅速な対応を約束し、これまでに少なくとも18人が警察に逮捕された。新華社通信によると、同社は医薬品製造の許可を取り消されている。









Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer