シェアする

ハリウッド版「Train Man」2005年7月期に放送された大ヒットドラマ『電車男』がリメーク

シェアする

日本の地上波放送局が制作したドラマがハリウッドでリメークされるのは初めて

2005年7月期に放送され、大ヒットしたフジテレビの連続ドラマ「電車男」がハリウッドでリメークされることが17日、分かった。

フジテレビがフランス・カンヌで開催中の世界最大のコンテンツ見本市MIPCOMで発表したもので、ハリウッドリメーク版はアメリカ・グローバルロードテレビジョンが制作する。同見本市には、同局からも、コンテンツ事業室の久保田哲氏がプロデューサーの一人として参加。日本の地上波放送局が制作したドラマがハリウッドでリメークされるのは初めてとなる。

「電車男」は2004年3月にインターネットの巨大掲示板で生まれた実話をもとにした純愛物語。2004年には書籍化され、2005年には、映画化、さらには女優の伊東美咲(41)と俳優の伊藤淳史(34)で連続ドラマ化。連続ドラマは最高視聴率25・5%、全11話の平均視聴率21・2%と大ヒットした。2006年には英語訳書籍「Train Man」が発売されるなど、世界にも物語が広まった。

今回、ハリウッド版「Train Man」としてリメークされる。ハリウッド版の製作スタッフはエミー賞を受賞したこともあるフィル・ローゼンタール氏を製作総指揮に迎え、プロデューサーはアカデミー作品賞の映画「The Departed(ディパーテッド)」(2006年)などのロイ・リー氏が務める。監督は「Hairspray(ヘアスプレー)」(2007年)などを演出したアダム・シャンクマン氏。





Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer