シェアする

【人気ドラマに黒い雲】視聴者の共感が得られないまま続く物語

シェアする

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

韓国版『空から降る一億の星』視聴率下落に不安

tvN水木ドラマ『空から降る一億の星』は視聴率調査会社ニールセンコリアの基準で初放映4.0%から3.2%、3.0%、3.0%に下方曲線を描いている。

さらに、前作である『知り合いのワイフ』が初放映で4.7%以降着実に上昇の勢いに乗って8%を超えたことと対照されるグラフだ。今年の水木ドラマのラインナップ『Mother』『私のおじさん』『キム秘書がなぜそうか』などと比べても非常に違う成績表だ。せいぜい第4話までしか放映されずまだ上昇の機会があるが、逆に言えばさらに落ちる可能性もあるという最悪の場合も想定できる。

序盤の視聴率が低い理由

大人気を得た原作や国内情緒とは合わないということを知ったのが最初から見ようとしない視聴者の共感が得る事ができなかった。また、脚色の過程で原作を見た人は予測できるように面白くない。特定俳優の演技力をめぐる論議など原作の俳優らとシンクロ率がそれほど高くない。原作を追わないとすれば再解釈で成功すべきだったが、それも期待に応えられない。全般的に総体的難局だ。

第4話では俳優ソ・イングク(キム・ムヨン役)、女優チョン・ソミン(ユ・ジンガン役)がお互いの体にある火傷だけでなく、幼い時代の傷を共に共有して一歩ずつ近づく姿が描かれた。特に、自身と同じ痛みを大事にしてきたソ・イングクに心が揺れ、彼だけのための暖かい呪文のように「(感情的に)もつれないで」と話すチョン・ソミンの姿が視聴者たちの視線をひきつけた。さらに、二人が幼い時、ヘサンで育ったという共通点が明らかになり、運命で絡み合った関係の発展が垣間見えた。

Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer