シェアする

【韓流女優・ギャラ事情】破壊の約1億ウォン

シェアする

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ドラマ1話あたりのギャラ。最高額が約1億ウォン。
韓国トップ女優のギャラが半端無い。

【イ・ヨンエ】

代表作・『お宅の夫はどうですか』(1993年)、『私が生きる理由』(1997年)、『ロマンス』(1998年)、『JSA』(2000年)、『宮廷女官チャングムの誓い』(2003年)、『親切なクムジャさん』(2005年)、『師任堂(サイムダン)、色の日記』(2017年)他

【ドラマ1話あたり1億ウォン】

【チェ・シラ】

代表作・『パイロット』(1993年)、『息子の女』(1994年)、『アパート』(1995年)、『危ない愛』(1996年)、『野望の伝説』(1998年)、『女性万歳』(2000年)、『愛情の条件』(2004年)、『透明人間チェ・ジャンス』(2006年)、『5本の指』(2012年)、『優しくない女たち』(2015年)他

【ドラマ1話あたり4500万ウォン】

【ソン・ヘギョン】

代表作・『秋の童話』(2000年)、『ホテリアー』(2001年)、『オールイン 運命の愛』(2003年)、『フルハウス』(2004年)、『彼らが生きる世界』(2008年)、『その冬、風が吹く』(2013年)、『Love Under The Sun』(2016年)他

【ドラマ1話あたり5000万ウォン】

【コ・ヒョンジョン】

代表作・『なつめの木に愛がかかったな』(1990年)、『砂時計』(1995年)、『春の日』(2005年)、『キツネちゃん、何しているの?』(2006年)、『H.I.T-女性特別捜査官』(2007年)、『善徳女王』(2009年)、『プレジデント 大物』(2010年)、『女王の教室』(2013年)他

【ドラマ1話あたり5千500万ウォン】

【チョン・ジヒョン】

代表作・『私のハートを奪って』(1998年)、『Happy Together』(1999年)、『イルマーレ』(2000年)、『猟奇的な彼女』(2001年)、『僕の彼女を紹介します』(2004年)、『星からきたあなた』(2013年)、『暗殺』(2015年)他

【ドラマ1話あたり1億ウォン】

K-POPアイドル界『NO.1』の財テク女王

【元miss Aスジ】

【CM1本あたり4億ウォン以上】

【家賃収入1500万ウォン】











Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer