シェアする

【自由な空間がほしいと思った事はありますか?】女性の為の1人暮らし。

シェアする

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

門限はないと言いながらも、遅く帰るたびに不機嫌になったり、怒られたりの実家生活。

『自由な空間がほしい』

そう思った事はありますか・・・?

実家で暮らしていると、経済的に助かっても自由が減ります。女の子がひとり暮らしを始めたいと思ったときに考えるつく事は?ひとり暮らしを始めたいと思ったときに考えることをご紹介します。

実家と同じエリアにするのかどうか

ひとり暮らしをはじめるときは勢いだけで動いてはいけません。まず実家と同じエリアに暮らすかどうか考えます。たとえば両親との距離感をそこまで離したくない、だけど自分のテリトリーがほしい場合は、実家近くに住めばOK。完全に独立したい、あるいは、いずれ彼と同棲したいなど他にも目的があるなら、別のエリアに住んだ方が干渉されずに済みます。実家から近すぎても、結局、両親との距離感が近いままでうっとうしく思う場合も。両親の意見というよりも、自分がどうしたいかを考えましょう。

■初期費用を含めて貯金は大丈夫?

一つのお部屋を借りるというのは、想像以上にお金がかかります。都内の場合、エリアによっては初期費用だけで100万かかる可能性も0ではありません。そこから冷蔵庫や電子レンジ、洗濯機など別で家電を用意しなければいけないことを考えると……。すべて自分の貯金だけで対応するつもりなら、やはり借りるタイミングを考えるべきでしょう。まとまったお金がでていってしまっても、貯金があるのが理想の状態。前もって借りたい部屋の候補を絞り、初期費用を計算。貯金してからでも借りるのは遅くないのかも。

■彼とは同棲しなくて平気?

もし彼がいるなら、このタイミングで同棲をしなくてもいいのかを考えましょう。実家から離れる今だからこそ、同棲しやすいチャンス。あくまでも二人にとってタイミングではないというなら無理をする必要はありません。ただし、一度、部屋を借りたら、その部屋で週末限定で一緒に暮らすことはできても、新たに部屋を借りるほどの経済的な余裕はでてきません。実家から離れるとしても「同棲」なのか「ひとり暮らし」がベストなのかをよく考えてくださいね。

自分に1番ベストな状態で1人暮らしの計画をたてましょう!

実家暮らしを卒業すると、視野も広がります。自分の拠点をもつことで仕事や勉強へのモチベーションもアップ。両親との距離感をもう少し離したいと思うなら、ひとり暮らしの準備をはじめましょう。











Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer