シェアする

【注目News】今年3度目の事故が発生『韓国』11メートル「空の列車」

シェアする

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

相次ぐ事故で不安高まる

高さ11メートルの「空の列車」大邱(テグ)都市鉄道3号線で今月2日、今年に入って3回目の事故が発生して市民の不安が高まっている。都市鉄道公社側は今回の事故原因に指定された連結装置「フィンガープレート」を2020年までに全面交換する方針だ。

2日午後4時19分、大邱都市鉄道3号線八達(パルダル)駅で列車が立ち往生した。駅に停車したので人命被害はなかったが、帰宅途中の市民は大きな不便を強いられた。都市鉄道公社側は13時間にわたる修理を終えて、今回の事故原因をフィンガープレート欠陥だと判断した。

フィンガープレートはモノレールの都市鉄道3号線に設置された連結部品だ。3号線は北区東湖洞(プック・トンホドン)から寿城区凡物洞(スソング・ポムムルドン)までの23.95キロを地上から平均11メートルの高さに設置した軌道ビームに連結している。フィンガープレートはこの軌道ビームのジョイント部分で、気温によって収縮または膨張しながら軌道ビームを安定させる役割を果たす。

都市鉄道公社は長期間の疲労荷重が累積したフィンガープレートが突然脱落して電気の供給が途切れ、これによって走行が中断したとみている。都市鉄道公社側は「すでに問題点を認識し、新型部品の衝撃緩和型プレートに交替する過程で事故があった」とし「2020年までに全区間のフィンガープレート全量を新型に交替することにした」と明らかにした。3号線全区間1490カ所にフィンガープレート7450個が設置されている。必要予算だけで70億ウォン(約7億円)にのぼると推定されている。

大邱の名物として親しまれている都市鉄道3号線は今年だけで3回立ち往生した。3月は線路の結氷、台風注意報が下された7月3日には電源供給装置が故障した。2015年4月の3号線開通後、まだ3年6カ月しか経過していないが事故が相次いだ。

市民団体は徹底した真相究明を要求してきた。大邱安全生活実践市民連合は今月3日、「3号線運行中断事故は、建設当時の構造設計ミスとフィンガープレートなどの不良施工によるものとみられる」とし「3号線全区間に対する官民合同総合精密安全診断と総合監査を実施するべきだ」と求めた。

私たち福祉市民連合もこの日、「立ち往生事故が相次いで発生していることを深刻に受け止めなければならない」とし「根本的な再発防止対策を樹立してほしい」と訴えた。

Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer