シェアする

『世界の工大生が選ぶ最も就職したい職場』世界9位ソニーを抜き【工学・IT専攻部門】でサムスン電子が注目となる。

シェアする

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

サムスン電子、「働きたい職場」世界9位…ソニーを抜いてアジア1位

サムスン電子が世界の工大生が選ぶ最も就職したい職場9位にランクインした。2016年から3年連続トップ10入りを果たしたことはもちろん、アジア企業の中では日本のソニーを抜いて主要国家の若者層を中心に肯定的な企業イメージを構築したと評価された。

1日、業界によると、グローバル人材コンサルティング会社「ユニバーサム(Universum)」が最近発表した「世界で最も魅力的な企業」ランキングでサムスン電子は工学・情報技術(IT)専攻の学生が挙げた「働きたい企業」9位に入った。これは昨年より1ランクアップした順位で、今年はアマゾン(10位)、ソニー(11位)、フェイスブック(23位)より高い点数を獲得した。同調査は韓国をはじめ、米国・中国・日本・ロシア・ブラジル・カナダ・フランス・ドイツ・インド・イタリア・英国など世界12カ国の工学・IT分野の大学生と大学院生計11万8067人を対象に実施された。



【人気職場順位はこうなる】

【1位】グーグル

グーグルは昨年に続き今年もトップ。

【2位】マイクロソフト(MS)

【3位】以下はアップルとBMWグループ、インテル、GE、IBM、シーメンスとなった。

サムスン電子は経営学専攻の学生11万843人を対象にした調査では44位を記録したことが分かった。工大生の調査に比べるとランクは低いが、昨年は49位だったことを考えると今年は5ランク上昇となった。経営専攻者に人気の職場もグーグルで、ゴールドマンサックスやオンストエンヤング(E&Y)がこれに続いた。



ユニバーサムは今回で10回目の発刊となる今年の年次報告書で「2009年と比較すると、上位圏で大きな変化はなかった」としながら「2009年当時、工学・IT専攻学生に人気の職場上位30社のうち18社が今年も30位内に入った」





Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer