シェアする

【韓国・注目の女神】その女神とは?西江(ソガン)大学・心理学客員教授だった(9/27)

シェアする

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

異色の経歴が注目されている美ボディ女神・アン・インソンがその人だ。

彼女は西江(ソガン)大学で客員教授として心理学を教えている。西江大学は、韓国でも有名なカトリックのミッション系大学で、ソウル大学や高麗(コリョ)大学、延世(ヨンセ)大学らと肩を並べる名門大学として有名だが、そんな西江大学で心理学を教えているのだ。

最近はその美ボディのみならず異色のキャリアに関心が集まる女性も増えている。

例えば9月2日に行われた“健康美ボディ”日本一を競う大会『ベストボディ・ジャパン』では、女性アイドルグループ9nine(ナイン)の現役メンバーである吉井香奈恵や、フリータレント兼アパレル販売員の山崎夢倫さんなどが脚光を浴びていた。

日本と同じく韓国でも身体を鍛える女性が急増するなか、ユ・スンオクなど、「健康的で美しい」マッスル美女”が人気を集めている。そのなかでも注目されるアン・インソンの『経歴』はかなりユニークだと言える。

異例なキャリアのアン・インソンとは

しかも、彼女はフィットネス大会での受賞歴も華々しい。

2017年9月に行われた韓国最高峰のフィットネス&ボディビル大会『マッスルマニア』では、フィットネス大会初出場にしてコマーシャルモデル部門とミズ・ビキニ部門で1位を獲得

同年11月にアメリカ・ラスベガスで行われた『マッスルマニア』世界大会でも、コマーシャルモデル部門4位に入賞を果たしている。今年4月の『マッスルマニア』でも、ミズ・ビキニ・トール部門4位入賞を果たしたことからも、彼女がトレーニングに本気で取り組んでいることがうかがえるだろう。

そして、こうしたフィットネス大会での受賞を機に、現在はその異色の経歴に持ち前の美しいルックスも相まって注目を集めているわけだが、そもそもなぜ、彼女はボディメイクに取り組み始めたのか。

“努力を見せるため”の大会

フィットネス大会で受賞してからは、周りの見方も変わりました」とアン・インソン。

はじめに、『マッスルマニア』での受賞後の周囲の反応について切り出したアン・インソン。大会に出場する前は、彼女を心配する声も多かった。

韓国では、しっかりとたくさん食べることを“良い”と見る文化がありますよね。そのため、大会前に食事制限を行っていると、“そこまでするのか”と言われることもありましたが、大会で受賞してからは、アン・インソンの姿を見て運動を始める人も増加しているという。

それから、フィットネス大会を見る目も変わりました。というのも、大会前は、私が大学で学生を教えているため、ビキニ姿で身体を露出することも心配されていたんです。

でも大会後は、どの見方も変わって、大会で着るビキニは決していやらしいものではなく、『努力を見せるための衣装』だとわかってくれるようになりました。“露出のため”ではなく、“努力を見せるため”の衣装であり、フィットネス大会である。アン・インソンらマッスル美女の知名度が高まるとともに、そんな認識が韓国で広まりつつあるわけだ。

自らを“実験台”に研究

アン・インソンは言っていた。

 思っていたよりも、ボディメイクは孤独なものです。一人でトレーニングと向き合わなければならないし、食事制限もしなければならない。友人と食事に出かける機会も必然的に減ってしまいます。正直、寂しく思うときもありました。

でも大会で受賞してからは、周りも私がやろうとしていることを理解してくれるようになりましたし、みんなが応援してくれています。当時の孤独な心境も、すべて報われた気がします」

今でこそマッスル美女としてその名が知られているが、そもそも大学で心理学を教える彼女が身体を鍛え始めたきっかけとなったのは?

アン・インソンは、「心と身体の関係性を知りたかったんです」と口を開いた。

「私は性格心理学が専門で、エニアグラムというコーチング方法を扱っています。簡単に言えば、自分の自身の性格を知り、人間関係がうまくいく方法を教えているのですが、ずっと気になっていたことがあったんです。

心理学では、心の状態は顔に表れるといわれるのですが、それでは心と身体はどうつながっているのか、と。心を病んでいる人は身体も病んでいることが多いし、その逆もそうですよね。その関係性が知りたくなったんです。

そして、心と身体を健康にする方法を見つけだしたかった。

韓国でも、心の病気の増加と、絶えない自殺。

そういった人たちをしあわせにできる方法を研究したいと考えるうちに、思い立ったのが、まずは自分を実験台にしてみようということだったんです」

“アップルヒップ”が有名なソン・ソフィなどは、フィットネス大会出場者の健康美に憧れて運動を始めた。

研究のために身体を鍛え始めたというマッスル美女は珍しい。

実際にトレーニングを始めてみると、その“実験”ではさまざまな発見があったという。

「身体が元気になると、心もポジティブになることを知りました。例えば、憂鬱な気分のときは散策をしてみなさい、楽しいことをしてみなさいといいますが、それすら楽しめないときもありますよね。そういうときは、運動をして身体を動かすと、不思議と心も晴れるんです。今もまだ勉強中ですが、少なくとも、心と身体は密接に関係している。そう確信しています。

この研究を進めるうちに、心や身体の不調で悩んでいるひとが多いこともわかったので、その悩みや苦しみを解決できる方法を見つけられるように、今後も研究を続けていきたいと語った。

アーユルヴェーダを取り入れたビューティサイト。手軽な白湯飲みダイエットや、ヨガ、基礎体温ツールなどをご用意し、女性が健康で美しくある為のお手伝いをいたします。

CMで話題!!化粧品

Network-wide options by YD - Freelance Wordpress Developer